医療関係者の不倫 医師と看護師 探偵社コラム

     
  1. 浮気の多い職業3選
  2. 医療関係者の女性と医師
  3. 医師崇拝女性
  4. お局にも医師の愛人
  5. 医師の妻にとっての浮気調査

浮気の多い職業3選

探偵から見ても多い浮気の業種はあります。

歴然の差があるので浮気の多い職業3選としましょう。

1.医者(医師)

2.教師・教授など教育関係者

3.会社経営者・自営業者

看護師など医療関係者の女性と医師

看護師は不規則な勤務時間の職種のひとつで交代制、夜勤と大変な業務を担います。

一般の独身男性とは休日が合わなかったり出会いが無い、交際しても職業に理解がなく長続きしないことも少なくありません。

関わりが多く身近な存在は同業者の医療関係者になります。

中でもやはり医者(医師)はステータスであり医者との結婚、医師の妻は医療関係者の女性の願望が潜んでいます。

医師崇拝女性の存在

水商売などの他業種の女性には

  1. 不倫でも良いから医者と付き合いたい
  2. 医師の愛人になり贅沢したい
など考える方もいます。

医師が不倫をしたいと思えばすぐに相手が見つかりそうだと納得いくのではないでしょうか。

学会に愛人と出張

医師が愛人を伴って学会に出張する浮気調査はよくある話です。

医師の妻は専業主婦であることが多く亭主関白の考えから不倫に抵抗感がない方が非常に多いように見えます。

医師の間で不倫が蔓延しているという実情は貞操観念を低下させている原因の1つかもしれません。

お局にも医師の愛人

医師と看護師など医療関係者女性との不倫は、周囲の方が不倫関係であることを黙認することが暗黙の了解になっているケースが多々あります。

場合によっては医師が他の女性に乗り換えることは難しくなり不倫関係が長く続きます。

そうなると若くして医師との不倫関係に陥り婚期を逃した看護師が医師の愛人の立場も相まってお局になってしまうこともありえます。

医師の交際相手というステータスに魅力を感じる方は不倫に溺れてやめることが難しくなります。

医師の妻にとっての浮気調査

一般的に収入が高い医師の妻が浮気調査を考えたとき費用面でのハードルは高くありません。

不貞行為をはたらきながら亭主関白の医師が不倫相手と人生をやり直すと一方的に離婚を求められるかもしれません。

離婚をするかしないかの選択を自身の権利とするためにも浮気調査をして不貞行為の証拠を確保しておくことはイザと言うときの保険として希望されるのは不利にならないための武器としても有効です。