バイアグラで浮気疑惑 探偵社コラム

     
  1. バイアグラなどのED治療薬
  2. バイアグラの所持で証拠にはならない
  3. 参考情報

バイアグラなどのED治療薬

バイアグラに限らず勃起補助薬(ED治療薬)は複数の種類があります。

  1. 主人の財布からバイアグラのような錠剤が出てきた
  2. 夫の鞄に隠されたバイアグラを見つけた

特にバイアグラは発売され効果が明らかになったことで男女問わず知名度は高くみなさんがご存じだと思います。

有名なところでは「シアリス」「レビトラ」といったものや他にも多く発売されています。また、バイアグラ・シアリス・レビトラはジェネリック薬が出されていますので商品名がバイアグラではないから大丈夫とは言えません。

ご主人の財布や鞄から見慣れぬ薬が出てきた場合、ネットや写真を撮るなどして調べられるようにしましょう。

バイアグラの所持で証拠にはならない

ED治療薬(勃起補助薬)はセックスをする時に使用する為に発明された薬です。

それでもバイアグラの所持=異性との性交渉の証拠とは断定できません。

自分でする時の為に購入した

妻とすることになる時に備えて買った

友人や知人から面白半分で貰った

そんな言い訳も出てきてしまうのです。

ただし確実に不貞が疑われる

ラブホテルなど確実な浮気の証拠と合わせて可能であればバイアグラ等の減り具合の証拠を撮影しておくと不貞の継続性や証拠能力を確実にしてくれます。

参考情報

勃起補助薬はジェネリック薬も多くの種類がありバイアグラであれば「pfizer」といった表記が錠剤にありますが他の薬では判別つかないでしょう。

主な隠し場所は

  1. 財布の中のカードや小銭入れの部分
  2. 小銭入れ
  3. 鞄のポケットれ
  4. 他の薬に混ぜる(他の薬入れ)れ
  5. 車のダッシュボード・サイドポケット
などが考えられます。

小さいものなのでどこにでも隠せます。

通常は1/2づつ服用される方も多いことから半分に割られた錠剤やピルカッターと呼ばれる錠剤を割る小さな道具にも気をつけてください。

夫婦間で夜の営みがなければ他で使用していることになりますので調べる必要性はあるのではないでしょうか。