不倫の密告電話・手紙 探偵社コラム

     
  1. 密告による浮気が発覚か
  2. 浮気疑惑を切り出す前に
  3. 不倫相手からの無言電話や怪文書?
  4. 結果を踏まえて

密告による浮気が発覚か

  1. 非通知による不倫を密告する電話
  2. 匿名の手紙に書かれた浮気を暴露する内容
  3. 見知らぬフリーメールから届いた密告メール
  4. 不倫の事実を伝えてくるFAX

手紙や電話、メールやSNSから不倫が発覚することは多々あります。

  1. 「誰からだろう?」
  2. 「本当なのかしら?」
  3. 「イタズラじゃないのかな」
  4. 「ただただ気味が悪い」

気持ち悪い、悪戯で信用できないなどの気持ちが先に立つかもしれません。

配偶者にそれとなく聞いてみたり初めから鵜呑みにして問い詰めるなどの手段をとる方もいるでしょう。

本人に話す前にちょっと待ってください。

浮気疑惑を切り出す前に

密告電話がかかってきたり匿名の手紙が投函されるのは気持ちが悪いことですし内容が内容だけに不気味に感じられるでしょう。

しかし確実に相手が情報を知っているのです。

  1. 密告電話=電話番号を知っている
  2. 郵便物=住所を知っている
  3. メールやSNS=メールアドレスやアカウントを知っている
  4. FAX=電話番号やFAXも把握

こちらが密告者を知らなかったとしても、相手は貴方のこと(存在)を知っているのです。

  1. 内容が真実である(浮気の可能性がある)
  2. 内容が虚偽である(浮気の可能性がない)

2つの可能性が考えられます。

内容が真実」

密告者の悪意性や最終的な意図はともかく、貴方に夫(妻)が不倫をしているという事実を告げることが目的です。

貴方が配偶者の浮気を「浮気をしていても気にしない」「浮気を認める」ということであれば、電話や手紙があった事実を配偶者本人に告げ対処を考えましょう。

もしかしたらと気になるのであれば本人に伝えてしまうと浮気の事実を隠そうと、嘘をついたり誤魔化させたりした場合は、手紙や電話内容では追求が難しいでしょう。

警戒心を与えてしまうことになり証拠を掴むことが困難になることも考えられます。

内容が虚偽

いやがらせやイタズラを含めた愉快犯的やストーカー目的などが考えられます。

不倫相手からの無言電話や怪文書?

探偵社には怪文書や匿名の電話やメールから浮気が発覚し浮気調査を依頼される方は多くいらっしゃいます。

その調査結果は、ほぼ100%の確率でクロ(浮気の事実確定)となっている実態があります。

密告者は善意の第三者かパートナーの不倫相手本人

もしかすると配偶者が甘い言葉を囁いて鵜呑みにしてアクションを起こしたのかもしれません。

  1. 「妻(夫)と離婚したら結婚しよう」
  2. 「ずっと一緒にいたい」
  3. 「生まれ変わったら一緒になりたい」

浮気相手が自分の存在をアピールする為や「何故、別れないの?」といった怒りの気持ちなどから配偶者に無言電話や匿名の手紙を出すケースがあります。

電話や手紙まではしなくてもSNSでアピールしたり持ち物などをわざと車内に落としていくなどの行動を含めると秘密の関係をどうにかして知らせる行動はかなり多くの不倫経験者が行っているかもしれません。

結果を踏まえて

不倫に伴う結末は望ましい結果ではない事が共通することではないでしょうか。

不倫で行われているのは紛れもなく肉体関係になりセックスをしている以上、妊娠のリスクも確実に存在します。

貴方のパートナーや不倫相手がどういったスタンスで浮気をしているのかそれぞれの考えはあると思いますが、自身や家族のために最悪の事態から多少なりともマシになるよう対処することが必要です。

浮気の事実がなく、ただのイタズラや嫌がらせであった時は改めて放っておくか対策を考えるか話し合えば良いでしょう。