独身と偽り肉体関係の末の既婚者への慰謝料請求 探偵社コラム

     
  1. 既婚を隠して肉体関係
  2. 既婚者の確認方法
  3. 独身だと騙され肉体関係になった慰謝料請求
  4. 金銭の関わる結婚詐欺の可能性
  5. 言葉に騙されない

既婚を隠して肉体関係

婚活サイトやマッチングアプリ、街コンなどでも既婚男性が独身と偽り、性的関係のみを目的とした女性を探すケースが増加しています。

その理由と思われるのは

1.婚活サイトやマッチングアプリ独身証明書などの提出規約が無い

2.出会い系サイト感覚での利用者の増加

3.サイト(アプリ)が様々詐欺の温床となっている実態

などがあります。

既婚者の確認方法

交際関係が続いたとして「もしかして既婚者?」と疑惑があっても騙すつもりの相手がかんたんに白状することはありません。既婚者の確実な確認方法は

1.弁護士に依頼して戸籍謄本を入手

2.探偵社興信所など調査会社に依頼

になります。ただし、弁護士に戸籍謄本を依頼する場合

確実な本名と住民票の住所が必要

とハードルがあります。単身赴任中や別居中の居宅、職場などの情報だけでは戸籍謄本の入手が難しくその場合は探偵による行動調査などで把握をする必要があります。

独身だと騙され肉体関係になった慰謝料請求

独身だと偽り、既婚を隠しての交際や恋愛についての慰謝料請求の判例は多くあります。

一般的に既婚の事実を隠して性行為した場合の慰謝料請求は可能です。

ただし、薄々気づいていていながら確認していない、すぐわかる嘘だった場合など不倫相手の奥さんに慰謝料請求されるケースもありますので詳しい状況を精査する必要はあります。

金銭の関わる結婚詐欺の可能性

詐欺師は詐欺の事実が発覚した時を想定して、自分の素性を知られないようにするの嘘の個人情報を騙っていることが多々あります。

また、性行為中の様子を撮影するなど、被害届を出しにくい状況にするという傾向があるのでご注意ください。

詐欺は避けられてもリベンジポルノなど別の問題が生じる可能性もあります。

騙されていると感じたらお金や心の問題もありますが

  1. 早い段階で真実を知ること
  2. 悪夢のような時間は短く
しましょう。一度しかない大切な人生の貴重な時間を奪われる前に。

言葉に騙されない

妻と破綻関係や近々離婚するという言葉は不倫相手をつなぎとめるための嘘であることが多々あります。

既婚の事実を告白して不倫関係を続けようとすることも少なくありません。

  1. 妻との夫婦関係は破綻している
  2. 別居中でいずれ離婚する
  3. 家庭内別居中
  4. 家庭には居場所がない

これらの言葉が出たら聞く耳をもたないほうが得策です。

ただ、感情はかんたんには割り切れず泣き落としや情に訴えかけられて不倫交際を続ける女性が多いのも事実です。

注意:既婚の事実を知った時点で不貞行為(不法行為)の加害者になり相手の奥さんからの慰謝料請求を覚悟しましょう。

「既婚であるとは知らなかった」との言い逃れが可能と考える方は多くいますが、それを覆す方法はいくらでもありますので軽く考えないほうが良いでしょう。

慰謝料請求すると本性がわかる

  1. 自分だけは騙されない
  2. 独身は嘘でも愛情は本物
  3. 騙されたと認めたくない
  4. 自分だけは関係が続く

このように思っていても相手に慰謝料請求すれば本音が垣間見えます。

慰謝料を払い即座に奥さんと離婚してから交際を続けられるか委ねるくらいの気概のない相手なら未来はありません。