豊田市三河の調査基本料金

総合探偵社ガルエージェンシーでは全国統一の調査基本料金を設定しております。

ご予算に応じた調査提案も出来ますのでご相談ください。

当たり前ですが万が一、当探偵社のミスで調査が失敗した日の調査料金はかかりません。

ラブホテルに行かなかったから失敗ではありません。

(よくある結果が出なければ0円という探偵社は浮気の事実がなかったりラブホテルに行かなくてもバレなければ1日の調査料金がかかることを伏せています。)

行動調査・浮気調査・素行・尾行・身辺調査

基本料金(3時間まで) 1時間 15,000円(調査員1名・徒歩尾行の場合)
延長料金 1時間 8,000円(調査員1名・徒歩尾行の場合)

※ただし、依頼内容、時間により、調査料金は変動致します。詳しくは、ご相談下さい。

調査例

料金プラン (3時間 45,000円+1時間 8,000円)x(調査員2名)
車両代 1台 8,000円x2
調査時間 4時間
経費 実費(交通機関(電車・タクシー等))・高速料金・ガソリン代・有料施設代等レシートで確認していただきます。
調査料金合計 4時間 53,000円+車両8,000円x2名+消費税+実費経費=
122,000円(税別)+調査経費

行方調査

基本料金 8万円(所在確認調査の場合・居場所が明確)
20万円~+成功報酬(行方不明、失踪調査の場合)

※ただし、依頼内容、時間により、調査料金は変動致します。詳しくは、ご相談下さい。

雇用調査

基本料金 5万円(職歴、自宅確認の場合)

※ただし、依頼内容、時間により、調査料金は変動致します。詳しくは、ご相談下さい。

信用調査

基本料金 8万円~(住所割り出し・確認、勤務先割り出し調査の場合)

※ただし、依頼内容、時間により、調査料金は変動致します。詳しくは、ご相談下さい。

盗聴発見

基本料金 18,000円~(~20㎡ 拠点地より10㎞圏内)
追加料金 800円~(1㎡につき)

※ただし、依頼内容、時間により、調査料金は変動致します。詳しくは、ご相談下さい。

調査例

料金プラン 20㎡ 18,000円+1㎡ につき800円ずつ追加
30坪の戸建住宅 18,000円+(79㎡x 800円)+盗撮カメラ調査10,000円=91,200円(税別)(30坪=約99㎡)
40㎡の1DKマンション 18,000円+(20㎡x 800円)+盗撮カメラ調査10,000円=44,000円(税別)

※遠方の場合、別途、距離料金が発生します。距離料金の確認はお気軽にご連絡下さい。

その他の調査

潜入調査をはじめ、あらゆる調査に対応いたします。

※すべての調査は、お客様1人1人調査内容や情報が異なる為、料金は変動しますが、当社はご依頼者様にとって最良となる調査の組み立てをし、お見積りいたします。
お気軽にお問い合わせ下さい。

探偵の調査料金

探偵の調査料金は高額だと思われていますし実際に安いとも言えません。

  1. 浮気調査で、証拠をとるのに30万円、50万円
  2. どうしてそんなに必要なのか?
  3. 費用が高すぎるのではないか?
  4. 日当2万円の人材が3日動くだけなら原価6万円でしょ?
個人運営のフリーランスや人数が調達出来なかった下請け探偵でなければ通常の調査で調査員1名だけで行うケースはほとんどありません。
一人で出来ないのは能力ない探偵だと言う人が出てくるかもしれません。
それはGPSに頼りっぱなしでホテルに行ったら慌てて現地に向かうだけの手法です。
実際の調査は尾行~張り込み~尾行~張り込みを繰り返した結果、最終的な現場に到着するのです。

調査の当日までに、入念な下見調査(予備調査)も必要となりますし、専用の調査車両、撮影機材も必要です。 また、行動調査においては調査報告書と共に証拠VTR(通常はDVD)を添付しています。
下見調査+本調査+報告書作成+VTRの編集作業
これらを全てを含めた費用が調査料金です。

余裕のない格安探偵社に任せたばかりに
「車のトラブルや事故で入れ替わりて追跡できませんでした」
「徒歩でGPSを使えないので見失いました」
「ひとり調査のため保留になった為取り返しがつかないことになった。」
これは実際にある話です。

友人知人を利用した調査

友人や知人が全てを代わりに調査したら?
 

※実際は探偵業法違反となります。
プライバシー侵害で訴えられても文句は言えません。

 
  1. 日当は手間賃もありますので1万円/日と設定。
  2. レンタカー1万円/日
  3. 撮影機材 中堅以上のカメラ 10万円~
  4. パソコン 15万円~
  5. 動画編集ソフト 3万円~
  6. 印刷する場合はプリンター、用紙、インク 4万円~
  7.  
 

実際の調査では尾行経験もなく面識があれば遠く離れたシルエットだけでバレてしまう確率が高くなります。
 そこで距離を取れば見失って失敗しますし、バレたら人間関係も夫婦関係も悪化します。  

 

運良く成功したとして複数回の証拠を取れますか。
探偵に依頼した時と費用や失敗する確率の高さから心労はどのくらい差がありますか。  

 

散々問い詰めたり付きまとってめちゃくちゃになってから探偵に依頼した場合
 本来不要な調査員の増強、車両の追加が必要になります。
調査が始まれば警戒具合から隠して依頼されてもわかってしまいます。  

打ち合わせのやり直しや調査体制の見直しで無駄に時間が過ぎるばかりで解決しません。

素人調査の証拠能力

最高裁の判例でも探偵社や興信所の報告書や証言は証拠採用されています。
強いていえば、状況によっては撮影が不可能な場所で、撮影はできなくとも調査員がその事実を目視で確認していれば、その事実を報告書に記載することによって、証拠能力が損なわれることはありません。

それに対し、ご自身や友人・知人が調査をする場合、因果関係がある者にあたり、有利な証言をする可能性がある為、目視の証言だけでは証拠とされにくいでしょう。
。 証拠どころか、虚偽の内容で訴えたと、逆に攻撃される可能性すらあります。

上手く対象者や関係者が見ただけでも誰か判別できる画像・映像が撮影できれば良いのですが、プロの探偵でも正面からの撮影は非常に神経をつかう部分です。
ピントが合わず不鮮明な画像を提出したところで、第三者から「誰かわからない」と思われれば証拠能力はありません。

不法行為における損害賠償請求(不貞の慰謝料請求など)の立証責任(証明義務)は訴える側にあります。
訴えられる側は、何も答える義務が無く、言い訳すらする必要もなく、相手が出してくる証拠を待ち、出された証拠に対し、認めるか認めないかを判断するだけで良いのです。

調査で報酬が得られるのは探偵業者だけ

法律により報酬を得て、実施の調査を行えるのは届出がなされた探偵業者だけとなっております。

(定義) 第二条
この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。
3 この法律において「探偵業者」とは、第四条第一項の規定による届出をして探偵業を営む者をいう。

(探偵業の届出) 第四条 探偵業を営もうとする者は、内閣府令で定めるところにより、営業所ごとに、当該営業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)に、次に掲げる事項を記載した届出書を提出しなければならない。この場合において、当該届出書には、内閣府令で定める書類を添付しなければならない。

(探偵業務の実施に関する規制)第九条
2 探偵業者は、探偵業務を探偵業者以外の者に委託してはならない

参照元: 探偵業の業務の適正化に関する法律

探偵業者だけの専業

他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務を行えるのは探偵業者だけである
と定義されていますので、例え弁護士であっても探偵業務は行ってはいけません。

つまり、ご本人がご自身で調査を行うケースや、完全に無報酬で行うケース以外は違法行為なります。
場合によっては依頼をした側も罪に問われる可能性がありますので、ご注意ください。

また、探偵事務所へ相談にに行く際には、必ず見えやすい場所に届出証が掲示されていますので、確認するようにしましょう。

見当たらなかった場合はどこにあるのか聞いて下さい。
掲示されてない場合や戸棚などにしまってあるような場合は違法となります。
そのような探偵事務所には依頼せず、ただちに違う探偵社にご相談するようにしてください。