豊田市三河のガル離婚相談室不倫の解決に証拠が重要なわけ

      
  1. 証拠が全て
  2. 浮気を認めたら良い?
  3. 会話中の録音データで良い?
  4. 探偵から不貞の証明方法
  5. 浮気の証拠の使い道

証拠が全て

元さやに戻るのであればともかく、浮気や不倫の不貞が原因で離婚を決意したら心理的にも経済的にも新しい人生を歩むのに必要なことになります。
浮気を証明(立証)できなかった為に、悔しい思いをすることだけは避けたいものです。

不倫をしている人は離婚請求や慰謝料請求から逃れる自分の為と不倫相手を守る為に言い逃れをします。
何事においても
最後は証拠が物をいう
ということを頭の片隅に置いておいてください。

実際には行わないよう参考までと受け止めてください。

浮気を認めたら大丈夫ですか?

話し合い、調停・訴訟いずれの手段でも相手が浮気を認めない限り、確実な証拠がなければ前に進みません。
話し合いでもし浮気を認めていても、慰謝料請求をするとなった瞬間に手のひらを返すように

「浮気なんてしていない」
「あまりにもしつこいので面倒だから認めただけ」

と否定する可能性がじゅうぶんあります。
特に浮気相手にも共同不法行為の当事者として第三者請求されることを知った途端に心変わりしがちです。

それでは元も子もありません。
そのようなケースは多数あり、自白に安心しきって請求ができなくなり悔しい思いをされる方が後を絶ちません。

会話中の録音データで安心?

録音データを証拠と示された場合も、

「浮気はしていないが、認めない限り納得しないようだったから、とりあえず認めただけ」

と言い逃れされる可能性があります。
line、SNS、メール内容や手紙、電話の発着信履歴なども疑わしいけれど確実に

「これは性行為があった事実を確認又は強く推認できる証拠だ」

といえないケースが多いということもあり、複数の証拠を積み重ねて証明していく必要があります。

実際にもし不貞を認めた事実だけを証拠として出された場合、その証拠が口頭・音声データ・書面などであったとしても、証明不足で慰謝料請求が認められない結果に誘導する方法は法律に詳しい者であれば誰もが持つ知識です。
動かぬ証拠がない限り、決して安心してはいけません。

不貞の証明の仕方を探偵が伝授

当探偵社が浮気調査を行った結果お渡しする調査報告書および証拠映像VTRで不貞の証拠という部分については問題なく立証できることでしょう。

浮気相手が誰だということも証明できる証拠があるのであればその不倫はいつからだったのでしょう?
どれくらいの期間、2人は不倫関係にあったのかは慰謝料算定に関わります。
またご自身の心情的にも知っておきたいことではないでしょうか?

探偵社の調査報告書で○月○日と、△月△日、□月□日の3回、不貞関係を確認できる確実な証拠を証明できたとしても、長い不倫期間の中のたった3回だけの証明になります。
過去の交際歴や不貞の証拠取集も不可能ではありませんが、難易度や費用を考えれば無謀といえます。

交際期間の引き出し方

確実な浮気の証拠である探偵社の調査報告書
依頼者様がもつ情報(メールや手紙他の証拠)
いつ頃から怪しくなったかの状況
など相手から話し合いや調停・裁判で引き出すよう工夫して下さい。

引き出し方の例

一回分の証拠を出し、相手が

「その時限り(一回限り)の関係だった」

と嘘をつけば、

「じゃあこれは?」

と次の証拠を出すといったように、証拠を小出しにするのもテクニックです。
まだまだ多くの証拠が揃っているんだという「はったり」や「ブラフ」などのこけおどしが浮気調査をされた相手には相当なプレッシャーとなります。

法廷での嘘を重ねれば裁判官の心証を大きく損なうことを避けるために真実を白状する可能性は高くなります。
嘘をつかせることで、嘘を言えなくする方法になります。

原因も曖昧のままの離婚と、全ての事実を知っての離婚では、後の人生に大きな差が生まれかねません。

浮気の証拠の使い道

浮気調査の目的は

「慰謝料を含めた離婚条件を有利に進める為」
「離婚をする為」
「有責配偶者からの一方的な離婚請求を退ける」

などがあります。
愛人と再婚する為に離婚を迫る夫(妻)は多く、その理由は性格の不一致に加えて、浮気をされた夫や妻の落ち度をしつこく指摘するなど、精神的に追い込む手法で離婚を迫るケースがみられます。

「本当の原因は自分の身勝手なのに」
「離婚は仕方がないけれど一方的に悪者扱いされた離婚は嫌」
「慰謝料も親権もなく離婚されてしまう」

そんな不安があるかもしれません。
民法では

「有責配偶者からの離婚請求は一定の条件を満たさない限り、基本的には認めない」

とされていますので、一方的な離婚請求が認められない防御策としても浮気の証拠が役に立ちます。

探偵の報告書などの攻撃材料は最大の防御材料としても利用方法があるのです。

浮気調査の依頼者様の例

幼いお子様には父親(母親)が浮気をしたから離婚したとは言えず、違った理由を教えるという方が多くいらっしゃいます。
時期はわかりませんが、成人された時・結婚される時・お孫さんが出来たタイミングなど将来的にお子様から

「本当の離婚理由を聞きたい」

と言われた時、その時の心境を話すと共に、本当の事実を伝える手段として調査報告書を利用するそうです。

愛知県は地元志向の強い地方性から、離婚後も元配偶者の方と生活地区が同じである方が多くいらっしゃいます。
何の請求もなく離婚をしていたら、近くのイオン・コンビニ・飲食店で、偶然バッタリ一緒にいる元配偶者と愛人に出くわした時、下を向いてやり過ごし気まずい思いをしていたかもしれません。

実際は浮気の証拠を突きつけて離婚調停も経ていたので、相手が気まずそうに顔を伏せたそうです。
お金よりも何よりも価値があったと喜んでおられました。

調査を依頼される大半の方は、それまでの結婚生活よりも、これからの人生の方が長くなります。
一人でも多くの方が今後、胸を張って生きていけるお手伝いができれば当社としても大きな励みとなります。