豊田市三河の浮気調査・素行調査調査内容・調査実例

調査事例

「主人がお風呂に入っている間に携帯電話を見ようとしたらメールにロックがかかっている。
最近冷たいし何か隠しているのかも知れない…」問いただしても逆切れされるし、だんだん「うつ」になりそう。

解決方法

ご主人の勤務時間が終了の頃から張り込みを開始、程なくして退勤し駅とは反対方面へ。
尾行を続けると一人の女性と接触、喫茶店で長時間の会話。

その日はそのまま別れたが奥さんは半端な気持ちが吹っ切れ離婚を決意。
本格的な調査を行い二人がホテルに入る不貞行為の証拠写真を入手。

以後相談員から紹介された弁護士に相談する事にした。

豊田市三河の調査事例

「主人(J氏)が女性と交際している様子なんです。
コレという証拠はないけどなんとなく感じるんです。そういうのありますでしょ?」30歳の妻、女の直観。

解決方法

早速J氏が休みの土曜日に張り込みを開始、出掛けるJ氏の車を追う。
とある駅から停車したJ氏の車に女性が小走りで駆け寄り、車に乗りこむ。
朝兼昼食はラーメン屋、5時間のラブホテル、夕食はそば屋…このコースを辿り二人は先ほどの駅で別れた。

その後女性宅を確認、既婚者であった。これはよく依頼を受けるケースです。
夫婦や恋人の一人が浮気の気配を感じ行動確認したくなる。

この決定的証拠を手にした依頼者様がどうするのか、それは依頼者様にしか分かりません。
私たちは真実をお伝えすること、これ以外にないのです。